チェック!結婚式でゲストを招待するときに気を付けたい、宿泊費の手配について

費用を負担する時のスマートな伝え方

遠方から来てくれる親族や、実家が地方にある場合、結婚式を都内で挙げるとなりますと、宿泊費の費用負担が発生します。当然ですが、せっかくゲストとして招待をするんですから、宿泊費を負担するなんてもってのほか。ですが、肝心の費用を負担しますというのは、いつ伝えるのがベストなのでしょうか。一番ベストなのは、結婚の報告や披露宴の出席をお願いするときに、直接口頭で伝える事です。そうすれば、相手に費用はどうするんだろうという疑問を持たれる事もありませんよね。

費用を全額負担できない時も同様

万が一、どうしても宿泊費を全額負担できない時も、言いにくいからと言って、伝えるのを先延ばしにしてはいけません。交通費しかご用意できませんが、来て頂けますか。とはっきりと伝えるようにして下さい。そうすれば、相手も考える事が出来ますので、お互いに変なわだかまりをつくる事なく、結婚式の準備をする事が出来ます。そして、宿泊費を渡す時は、当日にお車代として現金を手渡しても良いですし、宿泊券のチケットを招待状に同封しても良いでしょう。

ゲストに宿泊代はいらないと言われてしまったら?

親族の中には、宿泊代は自分たちで負担をするので、心遣いは遠慮しますといった回答をもらう時もあります。そこで頑なになって、いや、宿泊費は全額負担しますと言い切ってしまうのも、相手の立場を考えない発言になりうる可能性があるんです。ですので、先方の立場や関係を考えて、ご厚意に甘えても良いと判断した場合には、無理に貫き通さなくても良いでしょう。その代わりと言ってはなんですが、引き出物を他の人よりもランクアップさせるなどして、さりげなく心遣いを添えてあげましょう。

九州一のおしゃれスポットである博多博多の結婚式場は人気があります。アクセスも便利なので遠方から来られる招待客にも人気です。