送る相手に印象付ける!出産祝いの選びかた

みんなが悩む、出産祝い

友人、兄弟、親戚に赤ちゃんの誕生。すくすくと大きくなることを願って出産祝いを送りますよね。しかし、赤ちゃんが産まれて必要なものは数知れずいったい何をプレゼントすれば喜んでもらえるのか、検討もつかず困ってしまったことはありませんか?わたしは今生後10ヶ月の娘を育てています。出産祝いにもらって嬉しかったもの、役に立ったものから考えた、出産祝いの選び方のポイントをお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

ポイントは一つだけ!

選ぶポイントといってもわたしがお伝えしたいのは一つだけです。それは、生後半年以降に使えるものを選べ!ということです。出産直後は服やおもちゃをたくさんいただく上に、ある程度は妊娠中から準備しています。ですから、いただいた服もなかなか登場する機会もないままなんてことがあるのです。しかし半年以降に使えるものを予めいただいていれば、買う必要はありませんし、使えるようになる日を楽しみに待つこともできるのです。

具体的な例をあげてみましょう

定番はベビー服ですが、個人差と生まれた時期で着れない服もでてきます。ですから、先を考えて送る場合は服よりも例えばかばんやリュックなどの小物だと一味違って喜ばれます。オムツケーキでも、まだ大きいMサイズやパンツタイプをプレゼントすると、きつくなってきた時期に違うメーカーやサイズを試し履きできるので重宝されます。赤ちゃんのおもちゃというイメージが強いガラガラは出産祝いでいくつかいただくことが多いですから、ブロックや絵本なども長く使えて子供にも喜んでもらえるでしょう。

おむつケーキとは、おむつで作ったケーキ状のもので妊婦さんへのプレゼントとして最適で人気があります。おむつはいくらあってもよいので喜ばれるものです。